プライバシーの守り方!プライバシーは自分でしか守れない!


プイラバシーを守るため意識を変える

自分のプライバシーを守るために、誰かが保護してくれることはありません。自分でプライバシーを守るという意識を持つことが大事です。自分の情報は自分からしかほとんど出ません。そのため、自分で情報をしっかり管理していれば、ある程度プライバシーを守ることは可能です。ただし、その場合には情報を流出しないという行動が伴う必要があります。自分の情報を色々なところに書き込むようなことをしていれば、プライバシーを守ることはできません。

インターネット上ではプライバシーを守りにくい

インターネット上は情報が拡散されることが多いですので、一度情報が流出してしまうとプライバシーを守ることは困難になります。本名、住所、電話番号、写真などのヒントから個人を特定して、個人情報を特定する人もいます。そのような人がいるという前提で個人情報をインターネットには書き込まないことが重要なのです。また、写真などからも個人を特定できますので、写真などもインターネット上にアップロードするときには気を付ける必要があるでしょう。注意するのであれば信頼できる人と以外、個人が特定できる情報をインターネットでやり取りしないことは大切でしょう。

生活の中でプライバシーを守る方法

生活の中でもプライバシーが流出する可能性があります。例えば、ごみからプライバシーが漏れるケースです。ごみは誰も見ていないと思う人は多いです。しかし、ごみを見られるかもしれないと思っておきましょう。ごみから情報を拾う人がいるかもしれません。ごみを出すときには個人情報が読み取れないようにしてから出しましょう。

業務用や家庭用など、シュレッダーといっても種類は様々です。静音、細密、自動や手動などがあるので、その特徴をよく知った上で選ぶようにしましょう。