困った症状に見舞われたら、iPhone修理の専門店に


水没はiPhoneにとって怖いリスクです

iPhoneはスマートフォンの代名詞的な存在であり、特に日本国内では絶大な人気とシェアを誇ります。老若男女問わず愛用される電子機器であり、抜群の操作性とライトユーザーに優しいユーザビリティ、そしてスタイリッシュな外観が大勢の日本人ユーザーの心を鷲掴みしています。ただ一方で、他の電子機器同様に水には強くありません。うっかりと自宅のお風呂やシンクなどに、本体を水没させてしまった経験、おそらくユーザーの方なら一度はあるかもしれません。

水没させた時、最も大事なのは一刻も早く専門店に持っていく事です。自然乾燥で本体が自動的に直る、といった事はありません。むしろiPhoneの水没は時間経過とともに、故障率が跳ね上がります。むやみに放置すると、突然iPhoneが壊れる原因になるので、水没後電源が入り、一見すると無事に見えても、専門店のメンテナンスを受けましょう。

部分的なトラブルも専門店に相談するのが正解です

本体は特に壊れていないけれど、スピーカーから妙な異音が鳴る、という場合も専門店に行きましょう。普段からよくiPhoneで動画を観賞したり、音楽アプリを利用すると、それだけスピーカーの部品を酷使する事になります。音割れや異音は部品の経年変化を示すサインです。他にも突然Wi-Fiが拾えなくなった、イヤホンジャックが正しく使えなくなった等、部分的なトラブルが起きた時も専門店に行くのがベストです。プロの方に依頼すれば、素早く問題箇所を特定し経年変化したパーツを取り出して、新品の物に取り替えてくれます。

手元の端末が壊れた時はiPhone修理店に行きましょう。落下による画面の破損や水没による動作の不安定など、専門店に行く事で直してもらえます。