これで解決!ホームページデザインを学ぶ方法


まずはクールなデザインのサイトを数多く見る

ホームページデザインを考えていると、いつも同じようなパターンになってしまい、変化をつけづらくなりがちです。最初に決めたデザインから全てを大幅にリニューアルすることも大変ですし、現状のデザインで困っていないなら、少しの変化で満足してしまいがちです。ところがいつまでも同じようなデザインのサイトのままだと、気がついたら流行遅れになってしまうこともあります。ホームページは第一印象がとても大切です。訪れてくれた人が「かっこいいな」とか「必要な情報が見やすいな」などと感じてくれなければ、サイト内をクロールすることなく離脱してしまいます。デザインにおける大切な要素は、「流行を取り入れること」「想定される訪問者に支持される内容であること」「見やすいこと」です。そのためには多くの他サイトを見て研究することが大切です。

ユーザーファーストを忘れない

どんなに作成側にこだわりがあったとしても、ユーザーが分かりづらいのではサイトデザインは失敗です。自分の理想のデザインに近づけつつ、ユーザーフレンドリーな構成を考えていくといった姿勢が常に要求されます。事実そのような構成になっていなければ多くの人の支持を集めることはできません。初めて訪問してくれたユーザーが困らないような配慮がデザイン上も必要です。例えば煩雑なアクションをあまり多用しないことです。写真にマウスオーバーしなければテキストが表示されないとか、サイトメニューが全て英語など外国語表記になっているなどといったものです。確かにデザイン的にはクールかもしれませんが、使いやすさを最優先した作りとはいえません。ユーザーの目線に立って、サイトデザインを考えることが大切です。

レスポンシブwebデザインでは、それぞれのデバイスの画面幅に応じて、表示される情報の量を調整することが重要です。